ソフトウェアM&A.jp

  • MENU
  • CONTACT
  • TEL

アプリ売買・著作権売買の取扱実績「NO1」!
スマートフォンアプリ(iPhoneアプリ、Androidアプリ)の売買サイト!

アプリM&A(アプリ売買)とは

アプリM&A(アプリ売買) とは

「アプリM&A(アプリ売買)」とは、スマホアプリ(iPhoneアプリ、Androidアプリ)の著作権(仕様書・設計書類、ソースコード・イメージファイル、会員情報、運用ノウハウ等も含む)そのものを売買することです。

スマートフォンの利用ユーザの増加に伴い、アプリ市場へ参入する事業者・個人事業主等がますます増加傾向にあり、1日に数10~数100件単位で、日々新しいアプリが世の中にリリースされるようになりました。 これに伴い、有料アプリ販売でマネタイズを目指すことはますます難しくなってきています。

しかし、その一方で、広告媒体のひとつとしてアプリをリリースするなど、広告代理店をはじめとしたBtoB領域のニーズはまだまだ衰えておらず、受託開発企業様などへの開発依頼のニーズはますます増加傾向にあります。

有料アプリとしてマネタイズできなかったとしても、受託開発時のベースアプリとしてソースを流用したり、技術者トレーニングの教材としてソースを活用したり、活用の方法は多岐に渡ります。

 

アプリ売却のメリット

  • 収益化・現金化の新しい道が見つかります
  • その後受託開発等の取引の可能性が広がります
詳細はこちら
 

アプリ買収のメリット

  • 商品アイディアそのものを買い取ることができます
  • 開発工数を低減することができます
  • バグだしのテスト工数も最小限に抑えることができます
  • ベースアプリとして流用し類似アプリを量産できます
  • 受託開発のベースアプリとしてソースを流用できます
  • 技術者トレーニングの教材としてソースを活用できます
詳細はこちら
 
まずはお気軽にご相談下さい! お問い合わせ

ページTOPへ ページトップへ