ソフトウェアM&A.jp

  • MENU
  • CONTACT
  • TEL

アプリ売買・著作権売買の取扱実績「NO1」!
スマートフォンアプリ(iPhoneアプリ、Androidアプリ)の売買サイト!

【は】行

買収監査(デューデリジェンス)

デューデリジェンスとも言われる。買収後リスクを低減するために、売り手企業の業績・財政状況等に問題がないことを事前に調査する。財務デューデリジェンス、法務デューデリジェンス、ビジネスデューデリジェンス、税務デューデリジェンス、環境デューデリジェンス、IT デューデリジェンスなどの種類があり、必要に応じてそれぞれの専門家に調査を依頼する。財務デューデリジェンスと法務デューデリジェンスは特に重要とされており、最低限実施することが望まれる。

バリュエーション(企業価値評価、事業価値評価)

対象企業または対象事業の買収価額を決定するために、対象企業または対象事業の価値を評価すること。具体的な評価手法として、インカム・アプローチ(DCF法等)、マーケット・アプローチ(類似上場会社法等)、ネットアセット・アプローチ(時価純資産法等)などが挙げられる。

ビジネスデューデリジェンス

デューデリジェンス(買収監査)のひとつ。対象会社のビジネスフローなどを確認すると共に、事業計画が妥当に作成されているかどうか調査する。一般に、ビジネスコンサルタントなどが担当する。

一株当たり当期純利益(EPS)

EPS とも言われる。株価指標の一つで「一株利益」、「一株あたり利益」、「一株あたり当期利益」などの略称または俗称で呼ばれることも多い。企業の一株あたりの利益額を示すもので、当期純利益と、普通株式の発行済株式数から計算される。

秘密保持契約書(CA/NDA)

機密保持契約書、守秘義務契約書(CA/NDA)とも言われる。売り手、買い手、仲介者等の間で、重要な情報を第三者に漏洩させないために締結する。

ファイナンシャル・バイヤー

M&A の買い手を指す。投資に対するリターンを最大化することを目的に M&A を行う当事者のことで、投資ファンドなどがこれにあたる。一方で、経営戦略上必要性を目的とした買い手をストラテジック・バイヤーと呼び、一般の事業会社などがこれにあたる。

法務デューデリジェンス

デューデリジェンス(買収監査)のひとつ。対象会社が締結している契約で、M&A 実行後買い手に不利になる項目、M&A 実行の妨げになるような問題を調査する。一般に、弁護士などが担当する。

ページTOPへ ページトップへ